低燃費住宅 ~設計段階で住宅のエネルギー計算をする事により、低燃費な家をつくります~

大丸のつくる家

  • HOME »
  • 大丸のつくる家

低燃費住宅つくりを始める

平成4年(1992)より低燃費住宅始める。

日進月歩する情報の取得・発信を心がけ、平成20年(2008)よりQ値表示採用し数値で見える家づくりをめざす。
サーモカメラの活用により、より住宅性能の可視化を進める。
サ-モカメラ活用

リフォームで低燃費住宅へ

サーモカメラを使用することにより断熱欠損を発見し、夏・冬過ごしやすい維持管理費を低くする家づくり。
子どもが巣立ち、広くて寒い家も生活空間だけを熱環境の整った家にする。

末永く住み続け、健康を維持する家

一年中少ないエネルギーで、家の中の温度差が小さいので身体に負荷が少なく体調管理が必要な人にもやさしい。

補助金申請の代行

国・県・市・その他自治体などの補助金の活用等。

20170418_084537_001

特許技術に頼らない工法

部材使用の縛りがないので、高性能で耐久性の有するものを使用しその都度使用目的で変更できる。

低燃費住宅とは

燃費半分で暮らす家
従来の住宅より少ない燃費で、快適な室内住環境を実現した住宅です。

性能を評価するための重要なポイントは

  • 断熱性能
    Q値 1.1W/m2(・K)位から
    建物内部から外部に逃げる熱が床面積当りどれだけあるかを表した数値。
    数値が小さいほど断熱性能が高いことを表す。
  • 気密性能
    C値 0.5cm/m2位 サッシ種類により数値のバラツキがでる
    床面積1当りの住まいの隙間を表した数値。
  • 計画換気
    0.5回/時間 法定回数
    熱交換型 第1種換気 24時間換気扇
  • 建築計画
    建設位置 周囲の環境を踏まえて
    冷暖房機と室内空間を適切に調和させる

以上 室内の熱環境を「夏暑くなく、冬寒くない、5月の陽気を理想とした空間を実現」を目標にした住宅づくり。

「夏暑くなく、冬寒くない、5月の陽気を理想とした空間を実現」を目標にした住宅づくり

木造住宅(低燃費住宅) 実績 (国の次世代基準Q値=2.4)

平成23年  1棟 Q値=1.3
平成24年  1棟 Q値=1.3
平成26年  1棟 Q値=1.4
平成27年  1棟 Q値=1.0

当社の実績は国の基準の60%以下の数値を達成しています。

「もったいない」と直ぐに思ってしまいがちな冷暖房費ですが、低燃費住宅は全館暖房方式を採用することにより、温度差をあまり感じず少ないエネルギーで冷暖するので、家中どこでも歩き回われる。

次世代省エネルギー基準住宅の1/2~1/4以下の暖房エネルギーで全室暖房できるQ値1.0~2.0の住宅をQ1.0住宅と言います。

長期優良住宅の特徴
  1. 耐震性
  2. バリアフリー
  3. 省エネ性能
  4. 耐久性
  5. 住宅履歴情報の保存
越後杉ブランド

お気軽にお問い合わせください TEL 025-776-3535 受付時間 8:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 大丸建設 All Rights Reserved.