郷土誌というと
分厚く字ばかりで
堅苦しい言葉が並べて有るイメージですが

南魚沼の鉱山の歴史を調べた一冊が発刊されました。
「地底のシリウス」

IMG_2719

IMG_2721

早速手に入れさせて頂きました。

表紙が今まで見てきた物と違いおしゃれで

まだしっかり読んでいませんが
そこそこしか知らない鉱山の話を
ゆっくり読みたいと思わせる作りで
写真や説明の絵がわかりやすいと思いました。

令和になり地域の事が
どんどんと忘れ去られていく事が多くなってきています。

地域の事を少しでも残したいと思う方々によって
まとめられた一冊
機会が有ったら一読どうですか?

あちこち、本のつまみ食いをして入るので
図書館から借りた本が終わったら
この本にじっくり向き合いたいと思います。

本ご希望の方がいらっしゃいましたら

お声がけ下さい。