雪国での屋根には
耐雪・融雪の方法が使われていますが
昔ながらの雪下ろしが大変で
色々な方法が取られてきました。

各部屋で暖房をたくようになると
屋根には、暖房を使っている部屋の雪が少なくなっていました。
ストーブなどで部屋が暖かい分、その熱は屋根に上がり
積雪が少し減るのです。

屋根融雪の方法も
井戸水が出るところでは
屋根に水をあげて消雪しています。

今年の冷え込みは厳しいらしく
そんな屋根には、水が流れたあとに凍って
長いつららになり危険に思われる所が多々見受けられます。

昔、子供の頃つららを取ろうとして
腕くらい有りそうなつららを
頭に直撃して、大きなたんこぶを作ったことがありました。
両親は仕事に出ていて
一人必死に痛みを堪えた記憶が蘇ります。
もう絶体、大きなつららを取ろうとしないこと。

我が家の落雪屋根は
冷え込みが厳しいのか
トタンが滑りにくくなっているのか
なかなか屋根雪が落ちなくそろっと怖いですね
一気に屋根雪が滑り落ちると
普段でも結構な音で雪が落ちるのに
今回は多めなので。

s-IMG_1925