今朝の日報抄に

【熟柿主義】とあり

最初、ちょっと読めなくくて

続いて読み仮名と意味も出ていました。

じゅくししゅぎ【熟柿主義】

柿が熟して自然に落ちるのを待つように、好機が到来するまで気長に待つ考え方。
何事も回転が速い世の中。
ゆっくり考えて行動を起こすことも大切ですよね。
ただ、あんまり考えすぎも事が遅すぎることもあるので注意が必要かな?
この言葉で最初に思いついたのは
子育てでしたね。
投稿記事で
障子貼りの投稿がありました。
年を取って、障子貼りも毎年から数年に1回になってきたと。
今年久し振りに貼り替えることにして
店に行ったら、色々な障子が有って
貼り方も糊からテープ式の物まで有ったらしいです。
投稿の方は
年を取ったので、丈夫な障子に貼り替えたようです。
障子貼りも大仕事ですが、和室にはやはり障子が似合いますよね。