最近、TV等で「昭和」が題材になる物が多くなった気がします。

昭和のアイドルや歌謡曲。

レコードやフイルム写真。

昭和の食器。

グラス等物置を探せば出てくるような物が

昭和感あふれる花柄。

少し前なら、焼却場へどんどん運ばれ処分されたような物ばかり。

少し手間がかかるような物が

また見直されているようですね。

料理等でも

時短、簡単がもてはやされますが

やはり、そこへ少しの手間でおいしさが違ってくることがあります。

ここぞという物には

じっくり向き合いたいですね。

デジタル、スピード感を追い求める過ぎず

のんびりして物を見ることも大切です。

家づくりも同じ。

ゆっくり、時間をかけ自分好みを見つけてください。

空間の使い方はどんどん変化します。

自分とまた、一緒に住む方と向き合い進めてくださいね。