お彼岸中ですね。

お彼岸と言えば「ぼた餅」ですよね。

「おはぎ」と「ぼた餅」の違いは色々発信されていますが

我が家は、春も秋もぼた餅。

粒あんを餅米を握ったものに覆います。

餅米をつぶして握ると後で食べるときに硬くなるので

私はあまりつぶしません。

そのぼた餅

仏様に供えるのですが

なるべく朝早く作り

土産ぼた餅と一緒に供えます。

我が家では

「仏様が彼岸の中日に善光寺参りに行くから朝早く

土産ぼた餅を供えるように」言われていました。

所が、ほとんどそんな話ははじめとの人が多い。

全く、ただお彼岸だからぼた餅というだけも。

最初は、知らないだけかと思っていたら

どうも違う説も。

このお彼岸に

仏様参りに来られた方に聞いたり

あたりの方に聞いたり。

そうすると

「お彼岸中亡くなった方は

このお彼岸に帰って来られないから

仏様が中日に1回あの世に帰り

帰って来られなかった仏様にぼた餅を持っていく。」

と言う方が多かった。

我が家に伝わっている話。

それが一般的だと思っていたら違っていて

今回のお彼岸は勉強になりました。

また、仏様参りという習慣で親戚等と話しながら

多いに盛り上がることが出来ました。