新築のモデルルームは新築や改築を考えていられる多くの方が、行かれるかと思います。

今、住んでいる家より設備も良く、暖かくきれいなモデルルームを見れば

「こんな家に住みたい」とか「こんな家にしたい」とか思いますよね。

そして、新築・改築され・・・

前に住んでいる家より良くなったと満足され、

冬は暖かくなったと感じるわけです。

我が家も、そうでした。

我が家は、昭和38年に建てた最先端の住宅です。

平成になって、その頃流行の高気密や水回り関係を改築しました。

大工の家なので戸もきちんと付かないで住み始め

暖かい部屋になったと喜んでいました。(直ぐに戸は入りましたよ)

けれど、昨年事務所を低燃費住宅仕様で建て

一番暖かい部屋が出来ました。

お昼時、あの暖かいと思っていた台所へも行きたくなくなりました。

 

そんな、昭和と平成の今の技術の家の違いが分かる体験をしてみませんか?

冬場が一番オススメです。