昨日は、市役所福祉保健課の講演会へ行って来ました。

「家族みんなで考える禁煙支援!」

齋藤記念病院の鬼頭先生のお話を聞いてきました。

 

今は、昔ほどたばこを吸われる方は多くないと思いますが

喫煙される方の部屋は障子や電球がヤニで真っ黒になったり・・・

部屋にある本や雑誌にも臭いが付いたもので

掃除も大変でした。

 

たばこの害は本人も大きいですが

周りの人に害を及ぼす事が言われるようになり

吸わない人には本当にうれしい限りです。

 

ですが、昨日の話で

たばこをいくら吸っても、なんともない方がいるのも確かで

危険因子を持っている方など害のでる方も。

肺がんと言っても

色々な種類が有るんですね。

改めて知りました。

 

肺がんになると呼吸が出来なくなって

歩くこともままならなくなるとか。

 

がんになって死ぬのだからいいや・・・と

たばこを吸っていると

がん末期は薬も効かなくなって

とても苦しむそうです。

 

本人だけの問題でなくなり

家族みんなが辛い思いをします。

 

たばこ・・・

辞めたと思ったときが止め時。

今吸っている方、

なるべく禁煙して下さいね。

 

自分の為、家族の為。

 

新しいおうちを考えている方

リフォームを考えている方・・・

この期に禁煙宣言を。